No.0352 終活の体験談

体験談のご案内

礎都合アルバムを整理していて気付きました。 思い出の中には、自分自身でさえ見返したくないものもたくさん含まれていることに。 それらを整理している途中で、これも終活になるのかもしれないと思いました。 死後他人に見られたくない物は、自分の手で早めに処分しておく方が良いと聞きます。 人に見られたくない物以前に、自分ではもう見ない物や見たくない物も知らず知らずに抱え込んでしまっているみたいです。 見たくもないからって放置してしまっているのは、自分の嫌な部分や過去に対して封をしている気になっているだけなんですよね。 今にきちんと向き合うためには、そういうものも含めて身の回りを整えて行かないといけないと思います。 パンドラの箱のように蓋が開いて、災難が降りかかるのは嫌ですから。