No.0347 終活の体験談

体験談のご案内

終活について 絶対に自分の頭がクリアな元気なうちに考えをまとめて意思を残すべきだとおもいます 体がよわったり物忘れしたり 突然のお別れがいつおこるなんて 神様しかしらないのです。 遺された家族が泣かないように複雑な問題があるような方は先送りにしがちですが道はつけてあげてほしいと切実におも 趣味であつめた収集物なんて主人がきえた途端ただのごみと化してしまいます。 かなしくなります。 捨てる方は価値をしらずにボンボン捨てて気持ちがいいなんていいます。 思いを伝えて同じ趣味の方へお渡し引き継ができれば故人の遺志がこの世に生きてうけつがれるということになるのです。 安易にすてて荷物の整理をするのが終活ではないと思います。 お葬式の予約をするだけが終活ではないと強くおもいます。