一日葬のお葬式

火葬式・直葬・一日葬

一日葬とは

通夜を行なわずに告別式と火葬の儀だけを行なう葬儀を「一日葬」と言います。
火葬の儀だけでは、ゆっくりとお別れができない上に、遺族以外の人が故人とお別れをする機会がないため、一日葬を選ぶ人が多いです。
告別式は一般会葬者とともに、火葬は遺族だけでゆっくりと行なえるため、比較的スケジュール調整もしやすく、最近は一日葬を選ぶ人も増えています。
通夜の接待費がかからないので、自宅に遺体を安置した場合は、斎場の料金も一日分になるため通常よりも費用が安くなります。
喪主や遺族も疲れている中で、通夜と告別式、火葬の儀まで行なうのは結構大変です。
特に急逝の場合は、精神的なダメージが強いため、一日葬でお見送りをしてゆっくり休むケースも多いです。
身内が逝去してから、斎場か自宅に遺体を安置して、打ち合わせをしてから一日葬の日程を決めます。
日程が決まったら、親戚や友人、会社関連にも連絡をします。
その後、告別式、火葬の儀、骨上げという順番で葬式が行なわれていきます。

一日葬の注意点

スケジュール調整がしやすいのに、一般の会葬者も故人とちゃんとお別れができる一日葬ですが、次の点に注意して行ないましょう。

・地域の風習に合わせることも大事

関東や特に首都圏では、お通夜をメインに参列されます。
通夜ぶるまいの関係もあり、通夜が重要だという考え方が根付いています。
関東で一日葬を選ぶ場合は、地域の風習と合わせなくてもいいのかを斎場にも確認した上で決めましょう。

・菩提寺がある場合は相談をする

仏式の場合、菩提寺は一般的な葬儀スタイルを推奨します。
それは、通夜や告別式、火葬の儀のそれぞれにお経があるからです。
しかしそれは、強制ではありません。
故人が一日葬を望んでいたり、他にも理由がある場合は、ちゃんと説明すればわかってもらえます。
何も相談なしに勝手に決めてしまわないようにしましょう。

・誤解がないように説明すること

一日葬をすることになった理由をちゃんと説明できるようにしておきましょう。
通夜を行なわないことを理解できない地方もあります。
また、親族の中にも従来通りの葬式スタイルで故人の見送りをして欲しいと願う人もいるかもしれません。
それぞれに考え方がある中で、できるだけ誤解を生まない説明をして、トラブルにならないように気をつけましょう。

一日葬のメリット

一日葬には、次のようなメリットがあります。

・喪主の負担が減る

通夜がなく、告別式と火葬の儀だけで終わるので喪主の負担が減ります。
火葬の儀の中では、精進落としもありますが、少人数での会食なので気兼ねなく故人を偲ぶことができます。
看病などで喪主が疲れている場合、かなり負担が減るので、故人とのお別れに専念できます。

・会葬者の負担も減る

会葬者も遠方になると、通常の葬儀スタイルですと2日間参列する場合に宿泊しなければいけなくなります。
一日葬なら、一日でお見送りができるので宿泊する必要がありません。
一日葬は、遠方からの会葬者のスケジュール調整の負担だけでなく、宿泊費の負担も減らせます。

・費用の負担も減らせる

通夜と告別式の2日間の葬儀になると、それだけ接待費や返礼品の費用がかかります。
一日葬は、接待費も返礼品の費用も一日分になるので、費用の負担も軽減できます。
葬儀費用はあまりないけれども、多くの会葬者とともに故人とお別れがしたいという人に一日葬がおすすめです。

一日葬のデメリット

メリットが多い一日葬ですが、デメリットもあります。

・首都圏では不向き

通夜が常識の首都圏では、一日葬は不向きです。
通夜ぶるまいの風習もありますから、会葬者が弔問しづらくなってしまいます。
他の地方においても、一般の会葬者はほとんどが通夜に弔問されます。
告別式に参列するのは、通夜に参列した一般の会葬者か、親族の場合が多いです。
そうした風習の中、一日葬を選ぶと一般の会葬者に声をかけづらくなります。

・費用が同じくらいになることもある

たとえ通夜をしなくても、遺体を斎場で保管する場合、2日分の式場費用がかかります。
葬儀場に遺体を安置しているならば、喪主や遺族も、式場で一晩をともにすることになります。
そうなると、通夜をした場合と費用があまり変わらないこともあります。
その上、通夜がない分、お香典も減りますので、たとえ接待費を抑えられたとしても同じくらいの費用になることも多いです。

・周りから理解されない場合もある

通夜をしないことで周りからの反感をかうこともあります。
反感をかいながらも、結局費用が変わらないのであれば、通常の葬儀の方が良かったと後悔する人もいます。
けれどもそれは、家々の考え方や故人の生前の人間関係の内容などで変わってきますね。
人間関係が広くて濃い故人だったとしたら、一日葬はあまり向いていないかもしれません。
けれども、高齢であったり闘病生活が長くて、周りとのおつきあいが減っていた故人ならば、一日葬でも問題ないかもしれません。