喪中はがきとは?送る相手とタイミングについて

喪中はがきとは?送る相手とタイミングについて

毎年年末になると色々と仕事が増えます。 そのやることの中のひとつとして、年始のご挨拶として遠方で会えない人などへの挨拶として年賀状を書きます。 ただ、この年賀状を書いてはいけないという人がいるのはご存知でしょうか? それは、「喪中」のご家庭です。

「喪中」とは、家族や近親者が亡くなった際に、一定の期間故人の死を悼んで身を慎む期間というのが決められています。 これは明治7年に交付された「太政官布告(だじょうぐかんこく)」と呼ばれる法令には、その詳細を細かく定められていました。 これが現代にも続く、喪中の期間としての習慣として続けられています。 喪中はがきの習慣が始まったのは、年賀状の習慣が定着してきた、明治15年頃からと言われています。

この喪中期間中には、年賀状を出すことができません。 そこで、失礼にならないように、年賀状を出せないことを知らせるために送るのが「喪中はがき」です。 ここでは、喪中はがきとは何なのか?誰にいつ送れば良いのか?ということを詳しくまとめました。

喪中はがきとは

喪中とは、故人が亡くなって一定期間喪に服すことを言います。 この喪中期間は、故人と自分との関係性によって3か月から、1年前後、半年くらいと言われています。 ただし、自分にとって特別な存在である人が亡くなった場合はこれに当てはまらない場合があります。

「喪中はがき」とは、喪中期間中に出すハガキのことです。 喪中はがきを出す目的としては、毎年送られてくる年賀状が送られてこないように事前に知らせる目的があります。 年賀状を喪中の家庭では出せないわけですから、事前に知らせることで年賀状を書いてもらう手間を減らすことができます。 喪中の家庭には、もちろん送る側も基本的には年賀状を送らないことが基本です。 そのことから喪中はがきを送って、いつも年賀状のやりとりをしている人へ知らせることを行います。

喪中はがきを送る相手は?

喪中はがきを送る理由がわかりました。 そこで、喪中はがきをこれから先送る機会があるかもしれません。 その際に、喪中はがきを送ったら良い相手というのは誰なのか? もしくは、どの範囲の人にまで送ればよいのでしょうか? 困った時に確認していただけるように、喪中はがきを送る相手についてまとめました。

・親戚

まず、自分の家族や身内には年賀状のやり取りを別として、親戚関係には送りましょう。 親戚は葬儀にも参列している人も多いので、喪中を皆にも知らせている意味で送っている人が多いようです。

・年賀状を毎年貰っている人

年賀状のやり取りを毎年行っている人には、必ず喪中はがきを送ることをおすすめします。 毎年年始の挨拶を送っていたのに、今年は返信が来ないと失礼にあたらないように気を付けましょう。 また、せっかくの年賀状を無駄にしてしまわないように、前もって喪中はがきで知らせています。

・仕事先関係

仕事先関係の年賀状は欠かせないものです。 失礼にあたらないように、早めに喪中はがきを送っているようです。

・故人の友人関係など

毎年故人と年賀状をやり取りしていた人へ、連絡していなかった人もいるので、 知らせるという意味も込めて喪中はがきを送る場合もあします。

喪中の範囲は親族のどこまで?

喪中の場合、親族の範囲によって喪中はがきを送る場合と、送らない場合が決まっています。 家族本人の気持ちにもよりますが、基本的には喪中はがきは二等親までと言われています。 一等親は配偶者、両親、子ども、配偶者の両親で、二等親は兄弟姉妹と祖父母までになります。 人によって喪中はがきを送ったり、送らなかったりするので、その習慣は最近では大分変ってきています。 しかし、それは家族の気持ちですので、家族で相談し合って決めることをおすすめします。

喪中はがきを送る時期

喪中はがきを送る時期は、年賀状が届く前に相手に知らせることが大切です。 年始の挨拶として送る年賀状は、12月くらいには相手も年賀状の準備をはじめます。 そうなると、早くて11月中頃から12月上旬には喪中はがきが相手に届くことがベストです。

喪中はがきは11月上旬には用意して、中旬には送れるように準備をする必要があります。遅くても、12月の初旬には全て送付を完了するようにすることをおすすめします。

喪中はがきの書き方と文例

喪中はがきは、年賀状が出せない事を伝えるための文書と考えてください。 喪中はがきに必要な内容はコチラです。

  • ・喪中で年賀状が出せないという挨拶。
  • ・亡くなった人物が、いつで誰なのか?ということ。
  • ・今まで故人がお世話になったお礼。
  • ・今後のお付き合いを願う挨拶。

=喪中はがきの文例=

喪中につき年末年始のご挨拶は失礼させていただきます 本年◯月に、続柄◯◯が(享年◯◯歳)がこの世を去りました ここに本年のお世話になったお礼を深く御礼申し上げますと共に、 来年も何卒宜しくお願い致します またおだやかな新春を迎えられますよう心よりお祈り申し上げます

↑ PAGE TOP