身内が亡くなったら最初にやること

身内が亡くなったら最初にやること

身内が亡くなったら最初にやること 画像

■身内が亡くなったらやること

身内を亡くした時、遺族は悲しんでいる余裕もなく、慌ただしく葬儀の準備が始まります。人が亡くなった直後にやるべきことの流れを把握し、一つひとつの手続きをこなしていくために、故人が死亡した時から葬儀前にやるべきことをご紹介します。

スポンサードリンク

病院で葬儀社選びとご遺体の搬送
はじめに葬儀社選びです。あらかじめ目星をつけている葬儀社があれば、受け入れが可能かどうかの確認をしましょう。なお、病院は複数の葬儀社と提携を組んでいるので、迷っている場合は病院から紹介してもらうこともできます。葬儀社が決まったら、ご遺体の搬送も同時に依頼します。

ご遺体を葬儀社へ搬送する場合、故人の配偶者や親御さん、お子さんなどの近しい身内の方も葬儀社に移動することになるので、その際に、医師から死亡診断書を受け取りましょう。これは、役所へ死亡届を提出する時だけでなく、生命保険の手続きなどで必要となることがあるので、3~5枚程度準備しておくことをおすすめします。

■葬儀の日程・プランなどを決める

斎場に到着したら、本格的な葬儀の準備が始まります。専属の担当者が葬儀に関する話し合いを進めてくれます。例えば、葬儀のプラン、遺影、香典返しの品物を選んだり、宗派を確認したり、菩薩寺があれば寺の住職に葬祭供養を依頼します。早急に決めなければいけないことがたくさんあり、その場で判断しなければいけないことばかりですので、どうしても迷ったり自分で決められないことがあったりしたときは、決断を先延ばしせず、他の遺族とよく合って対応できるといいでしょう。なお、斎場の職員は何件もの葬儀を手掛けてきた「葬儀のプロフェッショナル」です。近しい人を亡くして精神的に弱っている遺族を気遣い、葬儀のことを取り仕切ってくれます。わからないことがあれば気軽に相談してみましょう。

■死亡届を提出する

人が亡くなると、名義変更や解約など、やらなければいけない諸手続きは数多くありますが、葬儀の前に最優先で行うべき必要手続きがあります。それは死亡届の提出です。死亡届は、死亡を知った日から7日以内に死亡地・住所地・本籍地のいずれかの役所に提出します。その際、医師の死亡診断書を持参し、火・埋葬許可書の交付を受け取りましょう。葬儀の準備で忙しくて役所へ行けない場合は、斎場の従業員が代行して役所に届けてくれるサービスもあります。代行料が発生するところもあるので、詳しくは葬儀社に確認してみましょう。

スポンサードリンク

葬儀の準備 関連記事

身内が亡くなったら最初にやること

身内が亡くなったら最初にやること

身内を亡くした時、遺族は悲しんでいる余裕もなく、慌ただしく葬儀の準備が始まります。人が亡くなった直後にやるべきことの流れを把握し、一つひとつの手続きをこなしていくために、故人が死亡した時から葬儀前にやるべきことを詳しくこちらでご紹介します。

葬儀に必要な書類

葬儀に必要な書類

故人が亡くなると、名義変更や解約などさまざまな手続きを行います。やるべきことが多すぎてうっかり手続きを忘れてしまわぬよう、 ここでは期限別に必要となる手続きを詳しくこちらでご紹介します。

焼香のやり方

焼香のやり方

年を重ねる毎に、人との繋がりが多くなるほど参列する機会が増えるのが「お葬式」です。特に生前お世話になった人や、仕事関係での葬儀は必ず参列したいものです。その際に気を付けないといけないのが「葬儀のマナー」です。 ここでは焼香のやり方を詳しくこちらでご紹介します。

弔問のタイミング

弔問のタイミング

生前お世話なった方などが亡くなられた時に伺うことを、弔問(ちょうもん)といいます。今まで一度も弔問をしたことがないという方もいると思いますが、この先いつかは弔問をすることがあるかもしれません。社会人になれば、取引先のお付き合いなどで年上の人と付き合うことも増えますので、弔問に伺う機会が増える可能性もあります。 ここでは弔問のタイミングを詳しくこちらでご紹介します。

喪中はがきの相手とタイミング

喪中はがきの相手とタイミング

毎年年末になると色々と仕事が増えます。そのやることの中のひとつとして、年始のご挨拶として遠方で会えない人などへの挨拶として年賀状を書きます。ただ、この年賀状を書いてはいけないという人がいるのはご存知でしょうか?それは、「喪中」のご家庭です。ここでは喪中はがきの相手とタイミングを詳しくこちらでご紹介します。

友引と葬儀の関係

友引と葬儀の関係

人が亡くなるタイミングというのは誰にも分かりませんが、日本にはお葬式を行っていけない日というのがあります。これは暦にとても関係があり、6世紀には日本に伝来されていたと言われています。六曜と呼ばれる歴注が6種類用意されていて、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口があります。それぞれには意味があって、友引の意味に関係してきます。ここでは友引と葬儀の関係を詳しくこちらでご紹介します。

↑ PAGE TOP